MENU

CLOSE

BUSINESS

事業分野

  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 職種のご紹介

何か一番になれることを決めてそれに向けて精進していきたい 末次 伊織 2015年入社/金型製造

STAFF
INTERVIEW

interview 01

現在の仕事の内容とは?

私の所属する金型製造グループは、レンガを成形するために使用する金型の製作から組立までを行う部署です。マシニング(削る)や旋盤などの加工機械を使って、レンガを作るために必要な金属金型の加工を行います。その中で私は、それぞれの金型に適した工程の流れを決める業務に加え、内製しない金型などを外部業者へ振り分ける業務を行っています。現在4年目ですが、これまで上司の下でいろんな業務を経験してきましたが、業務の全体像が見えてきたのは2~3年目くらい経ってからでした。

interview 01
interview 02

作業の難しさとは?

私は大学で化学関係を専攻してセラッミクス関係の勉強をしていました。その知識が直接役立つことは少ないのですが、基本的なことに関しては活かされています。親会社である黒崎播磨の設計部署がどんな金型が必要かを考え、それに応じて私たちが製作するのですが、現場で作業する人の作業性や効率性などを考えることが必要ですので、製作までの一連の流れを把握する必要もあります。私が入社して以降、上司の下で新たな取り組みにも微力ながら携わってきました。今はその取り組みをブラッシュアップしている段階に入っています。ずっと同じ部署で働いていると現状に満足しがちですが、理想的な仕事の流れのイメージを頭に描いて仕事に取り組まないといけないと感じています。私自身が金属を加工したり、実際の金型を使ってレンガを成形した経験がないので、現場の意見なども聞きながら作業を進めています。現在、生産量を増やすことはできたので、そこに遣り甲斐を感じています。今は、よりコストダウンを図って生産性を上げていくことに取り組んでいます。

interview 03

社内での人間関係は?

現場は20代の人が多く活躍している部署で活気があり、各々が持つ意見を発言しやすい風通しのよい職場だと感じています。こういった職場ですので人間関係でストレスを感じることはありません。私は仕事で行き詰まった時に簡単に先輩や周りの人に聞くのではなく、自分で考えて解決したいタイプです。しかし、本当に困った時に相談するとしっかりとしたアドバイスをいただけ、解決への道のりを示してもらえたり、ヒントをもらえたりする上司や先輩ばかりで助かっています。私より経験も知識もあり、理想のあるべき姿をしっかりとしたイメージで持たれている人たちですので、私が素直に納得できることが多いですね。そういう意味でも僕にとっては居心地のいい会社です。また、別部署の人とはチームを作ってサッカーやフットサルを定期的に楽しんでいますし、冬はスノーボードに行っています。そうした社外での付き合いもできるのはいいですよ。

interview 04

今後チャレンジしたいこと

私の部署では、これから更なる機械設備への投資を控えているので、その期待に応え、さらに生産を強化していき、結果を出すことが目標です。個人的には何か一番になれることを決めてそれに向けて精進していきたいという気持ちがあります。入社してこれまで私はいろんな仕事に関わらせていただきました。それによっていろんな経験ができ、多くの知識を得ることができました。その一方で一つの仕事を深く掘り下げるという経験が不足していると感じています。ですから、「私と言ったらコレ!」「コレだったら私じゃないと!」という得意分野と言いますか、専門分野を見つけたいと思っています。そのためにも今の部署でどんな要望にも答えられるようになることが今の理想ですね。また、「品質管理2級資格」を取得していますので、ゆくゆくは1級を取得したいと考えています。こうした資格の受験費用なども会社にサポートしていただけるのでその点は助かりますね。

PAGE TOP

お問い合わせ CONTACT

黒崎播磨セラコーポへは
下記よりお気軽にお問い合わせください。