MENU

CLOSE

BUSINESS

事業分野

  1. トップページ
  2. 採用情報
  3. 職種のご紹介

社内のいろんな人から頼られる存在になりたい 谷口 元 2016年入社/機能性製造

STAFF
INTERVIEW

interview 01

現在の仕事の内容とは?

私は機能性製造グループに所属しています。私の部署は、製造する耐火物の種類によって「AG」、「SN」、「PB」という3つの職場に分かれていて、その中のPB職場で、主に耐火物の製造に必要な原料を混ぜ合わせる混錬作業・成形作業などを行っています。高校時代からの親友や叔父さんが働いていて、仕事内容のイメージはありましたのでギャップを感じることはなかったですね。入社した最初のきっかけは野球部へ勧誘していただいたことですが、その後、業務内容を詳しく調べてみると、耐火物製造において世界でも高く評価されている会社と知り、興味が湧きました。

interview 01
interview 02

作業の難しさとは?

高校では商業、大学では経済を学んでいました。営業職に就こうかと漠然と思っていましたので、製造業に関する知識を一から覚えていくことに非常に苦労しました。特に耐火物製品の名前や特徴などは難しかったですね。また、耐火物の原料に糖蜜を使うこともあるのですが、使った後に入っていた容器をちゃんと拭かないとアリが来るので、原料を混ぜたり、成形したりすること以外でも気を使います。私は入社当初、「SN」に配属されそこで2年働き、その後「PB」に来ましたので、時には「SN」で働くこともあります。2つの職場で働くことは大変ですが、その点は私の強みであり、遣り甲斐も感じています。また、部署内の改善活動リーダーに指名され、提案した安全性を高める改善内容が1位に選ばれた時にも遣り甲斐を感じました。

interview 03

社内での人間関係は?

私の職場は、軽い品種の耐火物を作っているので女性が多いのが特徴です。男性はほとんどが40歳以上と年上の人が多いですね。作業は真剣に取り組むので和気あいあいという雰囲気ではありませんが、逆に言えばメリハリがしっかりある職場だと思います。野球ではグラウンド内で年齢は関係ないという考え方があり、それは仕事でも同じだと考えて年上の人にも遠慮せずに色々と進言しています。それを許してくれる雰囲気がありますね。もちろん、先輩方を尊重して一線はきちんと引いていますが、年上ばかりだから働きにくいとか、意見しにくいという職場ではないです。休憩中などはプライベートな話で盛り上がりますが、お互い干渉し過ぎず、程よい関係性だと思います。小学6年で野球をはじめ、今も社内の野球部に所属しています。野球部にはいろんな部署の人が所属しているので、いろんな話を聞くことができて会社への理解が深まりますし、人脈も築けるので私にとって大きなプラスです。

interview 04

今後チャレンジしたいこと

社内のいろんな部署の人から「谷口に任せておけば大丈夫」と言われるような頼られる存在になりたいですね。製造の仕事は「AG」、「SN」、「PB」それぞれの職場に特化した職人気質の人が多くいるイメージですが、現在の上司は機能性製品全般の仕事をできるプロフェッショナルを育成しようとしています。私は「SN」と「PB」の仕事ができますので、上司の言うプロフェッショナルになることが目標です。それと資格取得も考えています。現在、エクセルや情報処理などの資格は持っていますが、もっと仕事に関係のあるフォークリフトや玉掛けなどはすぐにでも取得したいと思っています。それに加えて、まだ漠然とですが、「X線作業主任者」などより専門的な資格も考えています。また、将来的に今よりももっと人と関わることのできる仕事に配属される機会があれば、そうしたジャンルの仕事にもチャレンジしてみたいですね。

PAGE TOP

お問い合わせ CONTACT

黒崎播磨セラコーポへは
下記よりお気軽にお問い合わせください。